リハビリ病棟をでる、

リハビリ病棟の入院には病気事に期限ある。
骨折の人は90日,脳や脊髄障害の人は150日と言う具合である。
リハビリ期間内でどこまで改善したいのか本人の願望次第である。例えば手が麻痺している人は物が掴めるようになれるまではがんばる、
脚を骨折した人は松葉杖を使わず歩けるようになるまでは
脊髄や脳障害の人は杖で歩けて日常生活、トイレや風呂に支障が無ければいい。とか
自動車運転が出来るまで、とか、
色々とリハビリの目的を定めるのである。
1日90分が理学療法士とのリハビリ。
これに作業療法士などがくわわる場合もある
期間内で目標を達成して退院していく人は正規のリハビリ時間以外でも自主トレといってベッドや廊下で筋トレをやっているものです。


"リハビリ病棟をでる、" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント